ブログトップ | ログイン
またまた河口湖&グーさんお見舞い
8月も終わり。
厚木のフィールドの横の稲も
すっかり実りました。
f0098338_19451987.jpg














f0098338_19455929.jpg














昨日の早朝アジリティーの後
またまた河口湖に行って来ました。
今回はプラッシュくんと我が家の3ヒキの他
ドーベルマンのベルちゃんとミニピンのマロンちゃん姉妹。
f0098338_19473428.jpg

マロンちゃんの小ささにピーチもちょっとビックリの様子。
小さくても泳ぐのがとっても速かったです。
つるつるで抵抗が少ないからでしょうか。
無駄が無い感じでした。


我が家の犬たちは・・・。
あまり進歩が無い、と言うか
あと一歩と言うか・・・。
今回はアルバイトかめちゃんが一緒だったので
桟橋から落とすという
強行作戦でいくことになりました。

f0098338_19501720.jpg














f0098338_19484939.jpg















結果は?
ジャイアン!は何回落とされても
必死で岸まで泳ぐ。
また桟橋に来る。落とされる。
ということでだんだん上手に泳げるようになりました。
立ち泳ぎに変わりはありませんけど。
後ろの小さな白い水しぶきがジャイアン!
ピーチがそばで泳ぎを教えてやっているように見えます。
f0098338_19511916.jpg














ケイティは落とされて
上手に岸まで泳いでいましたが
二度と泳がない!と濡れたまま
車の運転席に逃げ込み
落としたかめちゃんを睨んでいました。
ホントかなり怒っていました。
アジリティーでコンビ復活したばかりなんですから
仲良くしてくださいーーー。
f0098338_2075119.jpg














楽しかった河口湖。
今年の夏はこれでお終いかな。

と思いつつ
お昼ごはんを頂いていると
グーママさんからお電話がありました。
河口湖の帰りに葉山のお宅に
グーさんのお見舞いに伺おうと思っていたところです。
ゴールデンのグーさんは闘病中
必要な時に血液型の合うケイティの血を
供血するお約束になっていました。

お電話の内容はやはり
急いで輸血が必要とのこと。
ご自宅に伺うはずのところ
辻堂の動物病院に直行しました。

グーさんはこのところ
下半身の神経が腫瘍に圧迫されてか
マヒがではじめ腎臓の機能も低下。
状態はあまり良くないとのことでしたが
現実にお会いしたグーさんは
目には輝きがあり
まったく苦しそうな感じも無く
ホッとしました。
f0098338_1953285.jpg
首から200ccの血を抜かれたケイティは
フラフラするかなと思いきや
栄養があって美味しいご飯というものを
獣医さんからいただくと
ものすごい勢いで食べ始めました。

ところが食べている途中で
血を採ったところから出血。
ポタポタと床に血が落ちたのを見て
キャッと思うのと同時に
もったいない!と思ってしまいました。

再び止血されて包帯をして戻ってきたケイティは
何事も無かったように
フードボールにまっしぐら。
残っていた美味しいご飯をあっという間に完食しました。

人間と違って
血を採ったとか
出血したとか気にならないから
元気いっぱい。
なんだかみんなに
良くしていただいて
美味しいものを頂いて
湖に落とされてご機嫌の悪かったケイティが
すっかり楽しそうになりました。

これで少しでも
グーちゃんのお具合が良くなると
いいんですけれど。
みんなで応援&お祈りしています。

書いたひと: てんてん
by perrods | 2006-09-01 20:09 | ペロッズ日記