ブログトップ | ログイン
<   2007年 02月 ( 5 )   > この月の画像一覧
アリエルちゃん&ジルちゃん
この頃フラットの「ジルちゃん」とご縁があります。
今日お会いしたのはアリエルちゃんの妹のジルちゃん。
5才。アジリティードッグ。
f0098338_1528811.jpg















アリエルちゃんはピーチのお父さんメロンくんの
同胎犬なので、3月で13才。
お顔のとても可愛い小柄なおばあちゃん(ごめんなさい)です。
おばあちゃんなんて失礼かも知れないけど
敬意を表して言ってるんですよー。
ピーチもおばあちゃんなんて言われるようになって欲しいと思って。
3月にメロンくんとアリエルちゃんの合同お誕生日会があるので
長生きの秘訣?でも探ってきましょう。
f0098338_1528438.jpg














書いたひと: てんてん
by perrods | 2007-02-25 15:30 | ペロッズ日記
どっちがジャイアン!?
片方はペロッズのジャイアン!(2才8ヶ月)です。
もう一方は生後7ヶ月になった同じフラットのジルちゃんです。
f0098338_21185289.jpg














そっくりですねー。
小さいころから拝見していますが、丁度体重も同じくらいになって
(本当はもう抜かれましたが・・・)とっても似ています。
しかもビヨルキスのカラーの色もおそろ。
f0098338_21192077.jpg














飼い主の私も「えーと、どっちだっけ?」と思ってしまいます。
これはジャイの体型&振る舞いが7ヶ月どまりと言う事なんでしょうか。
f0098338_21194262.jpg














ジルちゃんはお父さんが一日に3時間はお散歩をされているとのことで
人とのコミュニケーションがよくとれているし、程良く疲れているのか
とても落ち着いた、でもフラットらしいワンさんです。
どんなワンさんになっていくのか、これからが楽しみです。
f0098338_2120417.jpg














書いたひと: てんてん
by perrods | 2007-02-22 21:24 | ペロッズ日記
親子の微妙な距離
水曜日、ピーチのお父さんのメロン君が遊びに来てくださいました。
6月の親戚会に呼んでくださってお会いして以来です。
f0098338_1902975.jpg














メロン君は3月で13才。
短命と言われているフラットの飼い主としては
羨ましい限りです。
10才まで生きたら何でもあり!にしようね。
と言っていたのにライラは7才5ヶ月の命でした。

ピーチのお母さんは8才でなくなってしまいましたが、
おばあちゃんは12才11ヶ月と長生きでした。
同じ遺伝子を持っているのですから
ピーチも何とか10才までは元気でいて欲しいものです。

メロンママは14才、15才のフラットさんもご存知とのことで
嬉しくなりました。
先日、歯の獣医さんでもフラットが一番癌が多いのではないか
と言われたばかりだったので、
癌にさえならなければ(ピーチは4才で一度なっているけど・・・)
長生き出来るかもしれません。
歯に続いて、左後ろ足を痛めたピーチ。
長生きのワンさんの飼い主の方に伺うと
ほとんどどこも悪くなった事が無い、とおっしゃる事が多いので
うーーーーん、ピーちゃん、がんばってください!!

一緒に並んだ写真を撮ろうと思ったのですが
お父さんと娘の距離はなかなか縮まりませんでした。
ピーチは犬見知りなんです。
ジャイアン!と仲良く遊ぶようになったのも
1年以上たってからでした。
よそよそしくてごめんなさい、おとうさん。
f0098338_1932217.jpg














書いたひと: てんてん
by perrods | 2007-02-16 19:08 | ペロッズ日記
ピーチの歯痛
ピーチの奥歯が炎症を起こし 
左目の下のところが腫れてしまいました。
f0098338_19503291.jpg














’05の8月9日、朝起きたら突然左目の下のところが
ピンポン玉を半分にしたくらいの大きさに腫れていました。
歯?と思いましたが全く歯そのものは汚れてないし
歯茎も見たところ腫れていない。
獣医さんは血液に入ったばい菌が歯根に入ってしまったためで
抜歯するか抗生物質を8週間投与するかどちらかとおっしゃいました。
8週間後治らなければ手術。

見た目悪くなさそうなので、出来れば薬で治したいと思い
8週間抗生物質を飲ませました。
腫れは2日ほどで引きその後1年半腫れる事はありませんでした。

それがまた、前ほどではないけれど少し腫れました。
今度は抜歯しなければならないかと思い
歯の専門の獣医さんに今日行ってきました。
f0098338_19513170.jpg














そして、たくさんたくさん叱られました。
一度腫れたのに、その後も硬いカミモノを食べさせ続けたこと。
左の奥歯だけでなく右の奥歯も欠けているのに気が付いていなかったこと。
皮のガムは歯に悪いと思っていなかったこと。(形が問題)
犬の歯の事を何にも分かっていないこと。・・・・・。

今後一切ピーチには硬いものを食べさせないと言う約束をして
手術をしていただく事になりました。

「何故食べさせるのですか?」
と聞かれ、みんな好きだし売っているのでと言ってしまったら
「買わなければ良いでしょう。」と言われました。
「スミマセン。私が店で売っているのです。」
と本当のことを言うと、食べても大丈夫な犬もいるので
歯が欠ける危険があることを言えば良いのでは、
と言ってくださいました。

自分の犬には食べさせない、
なのに売る、と言う事に罪悪感があります。
これからどのように考えれば良いのでしょうか。

骨やヒヅメは確かに硬いので、歯が欠ける事もあると
今までも言ってきましたが
皮のガムは大丈夫だと思っていました。
噛むと言う事は、ストレス解消にもなるし
頭も良くなるかなと思っていたくらいで・・・。
歯磨き効果もありますよね。

結局、飼い主の方の判断で与えていただくほか無いのでしょうか。
先生のお話では、犬の奥歯はハサミのように噛み合わされるので
厚みのあるものを噛むと刃こぼれと同じように
欠けるのは当たり前とのことでした。

歯が丈夫でないワンさんは
出来るだけ厚みの無いガムなどのカミモノや
グリニーズのような硬すぎないものが良さそうです。
でも欠けてみないと自分の犬の歯が弱いかどうか分らないし・・・・。

いずれにしても自分の犬の口の中の状態を
毎日きちんと見ると言う事が大切ですね。
それをサボっていた事を反省します。
フラットに多い腫瘍も、口の中にに出来るかもしれないと言われました。
本当にそうです。

ライラは7才半でなくなるまで
歯に歯垢ひとつ着いた事が無かったので
ちょっと油断していました。

今日はたくさん叱られて良かったです。

書いたひと: てんてん
by perrods | 2007-02-09 19:59 | ペロッズ日記
アジリティー 練習会
4日の日曜日、メリーレッグスのアジリティー練習会がありました。
今回はジャイアン!がオープン1を卒業して、オープン2と
初めてジャンピングとアジリティーに挑戦。
f0098338_1961352.jpg














オープン競技に比べてジャンピングとアジリティーの2種目は
突然難しくなります。(メリーレッグスの場合)。
世界大会のコースだったりするわけですから・・・。

みんなの予想はジャイアン!がトラップのトンネルに
突進する!!というもの。
ジャンピングのコースはまさにトンネルが一番のトラップになっていました。

トンネルに行く事が分っているのですから
何とかラインを作って回避しなければならない事は分っています。
でも、でも、あーーーーん。
やっぱり、トンネルにーーーー。

練習会なので失格しても最後までやらせてもらえます。
トンネルの手前のところからやり直す事5~6回。
それでもジャイはトンネルへ。
最後は何と先生がトンネルの前に立ちはだかり
トンネルの入り口を塞ぐという何とも情けない結果でした。

ハンドラーが悪いのだ、とは思っていても
そこまで私の指示を無視してトンネルに入るのか!と
少々ジャイの思い込みの強さにウンザリ。
アルバイトかめちゃんはそこがハンドラーに似てる所なんだよね、
とまたまたがっかりすることを言ってくれました。

続くアジリティーもまたトンネルがトラップになっていました。
ピーチはとても良くハンドラーを見ているので
たとえトンネルがトラップになっていても騙されません。
もうある意味ベテランになっているとも言えますし。
そんなピーチに慣れているのでたぶん危険回避の意識が薄くなっているのでしょう。
みんなの期待通り、何回もトンネルに入りました!
f0098338_196494.jpg














いつもの練習会の10倍は疲れました。
因みにケイティは本番に強い犬ゆえ
オープン2で5席、ジャンピングで4席と活躍し、
かめちゃんはご機嫌でした。
夕食はかめちゃんの好きなピザになりました。
f0098338_1972167.jpg














フラットさんでパチリ。あちこち向いてます。

書いたひと: てんてん
by perrods | 2007-02-06 19:13 | ペロッズ日記